« 先生からの謝罪そしてあの日の事 | トップページ | ネオっちの事 »

2017-04-25

先生へ・・・・心の反吐を吐く。

先生へ

今日オジジから病理検査の結果を聞きました。

結果を聞いてアリュールはそう長く生きられなかったかもしれなせん。

でも私の中で今更ですが府に落ちないと言うか・・・・

どうしても納得出来ない事が沢山あります。

経験不足・・・

これで片づけてしまえない。

術後発熱するってよくある事ではないのですか。

保冷剤が無い。

薬が無い。

こんな事って普通なんですか。

薬・・・

薬が無い時って同じ大学出身の獣医さんから借りたり

譲って貰ったりする事が出来ると犬友さんから聞きました。

先生の病院の近くに同じ大学出身の病院ありますよね。

保冷剤だって最初に熱が上がった時に購入してくれていたら

アリュールはあんなに熱に苦しむ事は無かったんじゃと

思ってしまいます。

食べなくなった時も高栄養のペーストや病院用の

缶詰などあるじゃないですか。

出来たら保冷剤を・・・・食べる物を・・・・持ってきて欲しいって。

これって入院してる意味あったのかなぁ。と思ってしまいます。

入院しているのに・・・・

とっても具合が悪いのに・・・・

患者が来るとほったらかし。

先生が私に言った・・・・

アリュールとっても清潔好きなんですね。

ンチ漏らしたけど自分で体を避けてました。

ねぇ先生?

死ぬ間際の子が自分で動いたんだよ。

先生アリュールが漏らしたの気が付かなかったの。

見てくれてなかったの。

先生が見れなかったら受付バイトのお姉さんに

頼むって出来なかったのかなぁ。

お話を聞きに行ったオジジが先生に

アリュールは私達の生活の全てでした。と言った時

サルーキ愛に満ちているんですね。と言ったそうですが

サルーキだからじゃ無いから。

アリュールは唯一無二の存在でアリュールを愛して

アリュールの事を考えアリュールの為だからこそ何でも

出来たんだよ。

生活全てがアリュールとネオを中心に考えて回っていたんだよ。

HPには立派な事を書いているけど全然じゃん。

でもそんな先生を選んだのは私。

本当にアリュールには申し訳ない事をしたと自分を恨み後悔ばかり。

想定外だったと言ったそうですがもの言えぬワンコの

事を考えたら準備万端が当然じゃないのかな。

あの薬を打っていたらもしかして助かったかも・・・・

最悪こんなに早く死ぬ事はなかった。

先生は主人にそう言ったそうですね。

アリュールが死んだ次の日に薬が届くなんて

こっちとしてはやってられませんよ。

今思えば先生は一見動物の事をとって考えている様に見えましたが

見えただけで何でも軽く考えていたと思います。

話した事も覚えていない。

お願いした事も覚えていない。

この時点で病院を変えるべきだった。

今となってはただの愚痴文句だよね。

あれ?と思いながらもアリュールを託したのは

私だから。

先生には良い経験になったでしょう。

少し症状が出た時、予測をしちゃんと対処しないと

あっけなく死んでしまう。って。

先生の経験の為にアリュールの命を差し出さなければならないなんて

アリュールはとっても良い子でまだまだ神様に召されるはずじゃないはず。

もしかして私の行いが悪かったから罰としてアリュールを取られちゃったのかな。

何を言っても戻ってこない。触れない。笑顔が見れない。

何を言っても思っても遅いけど・・・・。

ホントは直接あってお話しを聞きたい所ですが

取り見出し喚き散らし最後には殴りかかりそうなんで

止めておきます。

だから早くネオの狂犬病注射の札下さい。

もう縁を切りたい。

最後に受付バイトのお姉さん。

ネオっち可愛がってくれてありがとうございます。

入院中のアリュールをネオっちが探す!とお話ししたら

涙ぐんでくれてありがとう。

とっても素敵な娘さんだよ。

貴女の未来が明るくて希望に満ちた幸せイッパイでありますように。

心から願っております。

このブログは先生が見てないから心の反吐を吐きました。

|
|

« 先生からの謝罪そしてあの日の事 | トップページ | ネオっちの事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/262572/70370916

この記事へのトラックバック一覧です: 先生へ・・・・心の反吐を吐く。:

« 先生からの謝罪そしてあの日の事 | トップページ | ネオっちの事 »